前へ
次へ

リノベーションという住宅改装の技術

長い人生で多いのが突然両親の家を相続するというようなケースです。
新しい家の場合は問題ないのですが、倒壊寸前のような古い住宅の場合は大変問題となります。
こんな時に頼りになるのがアメリカからやってきたリノベーションという住宅改装の技術です。
古い民家や空き家をリノベーションするのに、いったいどのくらいの費用がかかるものでしょうか。
ざっくりとした話で申し訳ないのですが、それはだいたい、300万円から1千万円くらいはかかるといわれています。
例えば一千万円もリノベーションするのに費用がかかるのであれば、解体して新しい住宅を建築した方が良いのかもしれません。
ですが100万円で改装工事が済んでしまうこともあります。
これは住宅の古さとか、痛みの状態で変わってくるのではないでしょうか。
いずれにしても努力と工夫次第では、リノベーションのコストを大幅に削減できます。
解体して新しい住宅を求める場合でも、古い住宅の柱や梁を利用するという手段もあります。
それで新築の住宅の費用がかなり軽減されるということになります。

Page Top